初めての投稿(ひろにい)

私の尊敬する、ティク・ナット・ハンの言葉に下記のような言葉があります。
「自分の本当の気持ちを、
”静かな声”で相手に伝えることができたら、
理解が生れ、愛が育まれるだろう。」

組織やコミュニティーで、このような場が持てるといいなと思い、仕事しています。

一人一人の話を聴くと、それぞれの深い思いがあり行動しています。それがグループになった時に、「やること、すること(Doing)」だけが表にでて、その背景にある深い思いは見えることはありません。

しかし、社内でさまざまなワークショップを行ったりするときに垣間見えるときがあります。お互いの思いや真意が理解し受け入れあうと信頼が生まれるような気がします。
昔の会社は、仕事やプライベートのかかわりで信頼関係はできていったように思われますが、今の時代の会社は、そこにコストと時間をかける必要があると思っています。

一番いいのは、外部の人ではなく、会社の中の誰かが意識してそんな場を作っていくのが、関係の質を高めて成果を上げる組織になる近道だと思います。
そういう人たちの、助けになればいいと思いこの活動を始めました。

これかよろしくお願いします。